トップページ > 施設紹介

施設紹介

概要を知る
歴史を知る
職員構成
施設案内図


概要

基本理念

いこいの家は、児童福祉法に基づく児童発達支援センターとして発達の心配な乳幼児の子育て支援・家庭支援の充実を図り、こどもたちの健やかな育ちと安心安全な生活の実現に努める。

設置
静岡市
運営
saiseikai_logo
所長
大橋 敬子



沿革

1965年4月制度の谷間に居た心身障がい児の親たちが、水落公園で青空教室を開いたのがきっかけで、在宅心身障がい児のために「いこいの場」を創ろうという運動が始まる。
1970年10月「障がいの種類・程度・年齢などで差別されず、適切な療育が受けられる施設」の実現を期して、建設委員会が組織される。
1974年4月「いこいの家」事業活動開始。
1974年7月建設竣工・開所式後、通園開始する。
1976年4月「知的障害児通園施設」として認可される。定員30名。地域福祉専任職員配置。
1979年4月「養護学校義務化」に従い施設内訪問教育が始まる。措置外児童を対象に、「幼児グループ」と称して母子保育活動開始。
1983年4月以後、園児は幼児のみとなる。「幼児グループ」を「母子通園」と改称して取り組み強化。
1991年4月遊戯室確保のため保育室を増築する。10名増員し、定員40名。
1994年4月「母子通園」を「親子教室」と改称し、11月より平日実施始まる。
2004年4月「親子教室」専任を配置し、平日のみ延べ月8回実施する。
2005年8月春日町より城東保健福祉エリア内へ移転。10名増員し、定員50名。親子教室に心理職を配置する。
2009年10月親子教室参加児増加に伴い、延べ月12回実施する。
2012年4月法改正により「児童発達支援センターとして」認可される。
2013年4月相談支援「ちゅーりっぷ」・保育所訪問支援の指定を取り、事業開始。


職員構成

( )内はパート職員 / 【 】内は兼務
所長1
児童発達支援管理責任者1
児童指導員2
言語聴覚士1
保育士15( 4 )
看護師1( 2 )
栄養士・調理員1( 3 )
地域福祉2( 2 )
訪問支援員(臨床発達心理士)1
相談支援専門員1【 1 】
事務1
小児神経(嘱託医)1
整形(嘱託医)1
27(11)

・医療的ケア児等コーディネーター養成研修修了者1名(相談支援)
・強度行動障害支援者養成研修(基礎・実践)修了者1名



案内図

静岡市心身障害児福祉センター いこいの家
〒420-0846 静岡市葵区城東町24番1号
TEL:054-(249)-3190  FAX : 054-(249)-3191
地図
施設の規模:(エリア全体敷地 19,955,48 ㎡)
建築面積 1531,14 ㎡
延床面積 1409,9 ㎡
鉄骨造平屋建(準耐火構造)

施設内地図


MAP